2005年11月13日

サイト分析

アフィリエイトで収益UPやアクセスアップに大切なのが、自己サイトの分析である。

小生、先月あたりからようやくまじめにアフィリエイトに取り組んでいる。

そんなわけで、ちょいと自己サイト分析をしてみようと思う。


とはいうものの。

恐らく読み手にはどうでも良い話である。

それどころか、例えば小生のサイトアクセス数が200弱くらいなのだが、 数千単位のユニークアクセスのHPを持っていたり体験したことのある人にとっては、小生の話は笑いものだろうし、

逆にアクセス数が小生のサイトより少ない人が呼んだ場合は嫌味ったらしく受取られるかもしれない。


でも・・・・・・。

今さら他人の目線を気にするこのブログではないので、かまわず記事にすることにした。


さて。

小生の今月の目標は。

1.ページを50ページ追加

2.ページビュー数で一度は1000を超える

3.ユニークで200を常時化

の3つである。

このうち1は、今日現在で今月30P以上を作成しているので、クリアできそうな予感である。

2,3については、下の図をご覧ください(クリックで拡大)。

/media/img_20051113T131246812.gif

一ヶ月間のユニークとページビュー数のデータである。

今日のデータは途中なので関係ないとして、嬉しいことに地味に成長していることが分かる。

ここのところは、ページビューで1000を超えるのが普通になってきて、昨日に至っては1400ページで、ユニークの7倍である。

ついでに昨日の閲覧時間データである。

10分以上閲覧した人が57人と4分の1以上である。

週末だったこともあって、 多かったのかもしれないがこのブログだとほとんどの方がその日の記事を読んでさようならなので、かなり嬉しい事態である。

さて、この間何をやっていたのかというと、ひたすらページを更新していただけである。

つまりはアクセスアップ対策は特にしていない。

ただ、お小遣いサイト紹介ページ以外のページ。つまりは、 利益に直接関係ないページを意識して増やした

その結果、ユニークやらアクセスやらが地味に上昇していると言うことは、

やっぱり王道はコンテンツだ、と言うことの証明なのだろう。

小生、それを初めて肌で体験している。

定期的なアクセス手段がちょっとあれば、 質の良いサイトならリピーターを獲得できてアクセスがアップしていくらしい。

いわば当たり前のことである。


さて、定期的なアクセス手段の確保の話だが、

力のあるサイトというのは、TOPにアクセスがある程度あるもので、 SEO対策というのも基本的にトップページへのアクセスを目的としている。

サイトタイトルやTOP相互リンクに気を使うのはその為である。

ところが、 小生のサイトページビューが1400あった日でもトップページのカウンター(ユニークじゃない)が200くらいしか回らない。

これは実は意図的で、トップページ争いでは検索で競合に勝てないので、 コンテンツページが検索上位に食いこむようにサイトを作っている。

しかしながら、この方法は奇襲戦法みたいなもので本来の実力ではない。

これから如何にTOPページへのアクセスを増やすかが、成長の鍵になるだろう。


さて、ちょっと話題が変わるのだが、

このブログは昔からコメントがつかない

素で人気のないだけかもしれないが、

まぁ、記事が記事なのでコメントをしづらいだろうし、

小生自身が他所様にコメントしない。

ここ2ヶ月間でコメントを残したブログ数は、 おそらく3つだけというテイタラクである。

自分が鎖国しておいて来てくださいというのも虫のいい話なので、あきらめているのだが、

正直鬱屈しているときに

『ウサギは寂しいと死んでしまうんですよ?』

などと叫んで見たくなるときがあったりする。

そいうわけなので、このブログでメールを頂いたことはなお更数が少ない。

募集をしたときを除けば、2月に1度くらいのペースである。

ブログ開設以来、ずっとそうなのでまぁ、そんなものだろうと思っていたのだが、

最近、サイトの方でメールを頂くことが多くなった。

ぶっちゃけこのブログで頂くコメント数より最近多かったりする。


向うのサイトでは小生、初心者の衣を脱ぎ捨てているわけで、

つまりは此処と違って、ちゃんとした情報を発信している。

ちゃんとすれば、反応は返ってくるのだなぁと普通に感動したりしている。

で。

貰ったメールの中で、うれしかったのが『内容やデザインが素敵なのでサイト作りの参考にして良いですか?』 というもの。

小生のサイトが別段他所様より良いとは思わないが、他人にそういっていただけるのは正直嬉しかった。


逆に考えさせられたのは『最低支払額はどうやってお小遣いサイト側に支払うのですか?』というもの。

別にすごい勘違いだと笑い飛ばすというわけではなくて、正直これには考えさせられた。

小生、サイト作りに当たって初心者向けをテーマになるべく丁寧な解説を心がけている。

つまりは初心者の目線でサイトを作っているつもりであった

でも悲しいかなもう既に初心者ではないのである。

幾ら丁寧な解説を心がけても絶対に自分では思いつかない盲点がある。

他人の意見の重要性を思い知った小生なのであった。


人気Blogランキング

お小遣いサイトがHOT BANKです携帯サイトのHOT BANKの解説へ

posted by れいえん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト作成希望編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9280622

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。